「一人静」という花が、好き! 古風な名前もお気に入り! 源義経に寵愛された静御前と重なります。凛と真直ぐに咲く姿は、意思の強い女性だった静御前そのものに思えます。。。

 

 

元は京都で一番美しいといわれた白拍子(遊女)で、雪の吉野山で義経と生き別れとなった。京都に向かう道中、義経の異母兄である源頼朝方に捕らえられて、鎌倉へと送られてしまいました。

義経と対立する源頼朝は、静御前に白拍子を舞うように命じます。義経を慕う歌を唄い舞った静御前は、源頼朝を激怒させたが、妻の北条政子の計らいで、怒りを収めたと言われています。

静御前は義経の子を出産するが、頼朝の命で男子ゆえに由比ヶ浜に沈められてしまった・・・。

 

ままならぬ戦後期時代を「凛」と生きた静御前には、やはり一人静の花が、オーバーラップしてしまいます。。。

一人静を、いつか帯結びで表現したいと思っております。