今朝のお空は、綺麗な水浅葱(みずあさぎ)色に、描かれて気持ちが良いです。

たくさんの珠玉の言葉のなかで、特に好きなのが「のこん」という響きです。「のこんの」は、残りが変化した言葉で、なぜか、可愛らしく、心地良い! 「のこんの月」とは、明け方の空に残っている有明の月で、月齢は26日くらいのお月さまだそうです。

車中で前にお座りのお嬢様の美肌に、うっとり! 爆睡してお隣さんにもたれかかっても、許されていました。もし、あたくしがそんなことをしたら、下衆の極みですね。美肌と若さに、嫉妬!「のこんの色」のかけらもなく、トホホ、隠しきれない醜さ・・・。

 

 

高齢になり変わったことといえば、若い頃は、周りが呆れるくらいの地味好きでした。その上、洋服に関しては柄物(特に花柄)はNGでした。 容姿不端麗でも若さのみで、成り立っていたような気がします。今や明るい色や柄物が、好物に。それらのものに助けられています。。

おかしいことに、最近若い頃のきものをまとって、お稽古へ 「いいですね!」と。。。 予想だにしない反応に、心は浮き立ちながらも、苦笑!

「願わくば、人生最後の日まで、美しくなりたい願望は持ち続けたいです。」